港区虎ノ門の債務整理の相談なら弁護士横山法律事務所へ
HOME>弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット サラ金やクレジット会社からの借入は、利息制限法という法律に違反し、法律上支払い義務のない利息を支払っているのが殆どです。そのような場合、最高裁判所の判決で払いすぎた利息を元本に繰り入れることが認められています(しかし、一定の場合例外が認められています)。

そして、大体4年から5年間、借入と返済を繰り返すと法律上返済すべき債務がゼロになっていることが多いのです(但し、場合によっては10年間、借入と返済を繰り返しても債務が残っている場合もあります)。
そして、それ以上の期間、借入と返済を繰り返していると、理屈上、反対に業者から払いすぎた分(「過払い金」と言います。)を返還してもらうことができる場合もあります。
つまり、サラ金やクレジット会社に対する借金が膨れ上がり、自分の収入ではとても返済できないと言っても、いくつかの業者に対しては、法律上は返済義務がないばかりか過払い金を返してもらえる場合があるのです。

弁護士に依頼するメリットところで、業者の取り立てにさらされながら、利息制限法に従った計算をして債務の圧縮、場合によっては過払い金を返してもらうことはとても困難なことです。また、債務整理の方法はたくさんあり、どの手段を選択するのが適切かを判断するのはなかなか難しいことです。

たとえば、業者から今までの取引の経過全部を開示してもらって、利息制限法にしたがって引き直し計算をすると、殆どが債務がないのに、それをしないで破産の申立てをし、破産者となってしまうということもありうるのです。ところが、弁護士に債務整理を依頼すると、業者からの取立でが止まり、時間をかけて適切な債務整理の手段を選択することができるようになるのです。

なお、特定調停を本人が申し立てた場合であっても、業者からの取り立ては止まり、取引経過を開示してもらい、利息制限法にしたがった債務額の確定と分割弁済にしてもうらことができます。しかし、特定調停では個人再生のような債務の圧縮はなく、また、一般には過払い金の返還まではしてくれない扱いです。

問い合わせ