港区虎ノ門の債務整理の相談なら弁護士横山法律事務所へ
HOME>よくある質問集

よくある質問集

自己破産をするとブラックリストに載ってしまうの?
~ブラックリストに登録される~
自己破産をすると、世間でブラックリストといわれるものに信用情報機関へと登録されてしまいます。この登録される期間は、信用情報機関によって少なからずの違いがありますが、5年~10年です。
このブラックリストに登録されると、その期間は銀行やサラ金からお金を借りる行為、クレジット会社からクレジットカードの発行を受けることがとても難しくなります。
しかし、最近は、自己破産をすれば他の業者からの請求が止まり、返済に回せるお金ができることを逆手に取って、新たに融資をする悪質業者が出てきています。
破産手続開始決定に回数制限はありませんが、前回の免責から7年経過していないと免責不許可事由となりますので、くれぐれも一度自己破産をしたならば同じ過ちを繰り返さないようにして下さい。
自己破産をするとマイホームはどうなってしまうの?
~マイホームは売却されるか競売にかけられる~
自己破産は借金整理の最後の方法ですので当然のごとく、最低限に必要な生活必需品を除いた全ての資産は強制的に換価されて、債権者に平等に分配されます。よって、資産価値が高い自宅のようなものは、当然に換価されることになります。
具体的には破産管財人によって競売または任意売却されるかになります。ですが、すぐに家を追い出されるという事ではなく、実際に新しい買主が現れるまでは従来どおりに住み続けることができます。
現実には、破産を申立ててから不動産が売却されるまでに半年以上かかることも珍しくありませんので、その間であれば追い出されることはないといえます。
自己破産をすると保証人に迷惑はかかるの?
~保証人には正直に事情を話しましょう~
債務者自身が自己破産を行い免責された場合でも、それは保証人には何の影響もありません。
よって、債務者の他に保証人・連帯保証人がいるのであれば、借金の返済が今度はそちらにいってしまうことになります。
だからと言って、自己破産を躊躇しても何の解決にもなりませんし、変わりません。
ですから、自分が自己破産をする前に必ず保証人にも今の実情を正直に話して、その保証人を含めた債務整理を考える必要があります。
場合によっては保証人も自己破産をする必要がでてきますがそれも仕方ないでしょう。
とにかく大切なことは保証人に対して誠意をもって全てをきちんと話すということであり、そのような義務が債務者にはあるのです。
任意整理をするとどのくらい借金が減るのですか?
任意整理をすると利息制限法に引き直して債務額を確定しますので、通常は2~3割は債務が減ります。
サラ金業者との取引期間が長ければ長いほど借金は減る傾向にあり、一般的には5年以上取引があると借金が0になる可能性があります。 場合によっては過払金が発生していることもあり、任意整理をした結果、サラ金業者からお金を取り戻すことができる場合もあります。
保証人に迷惑はかかりませんか?
任意整理をしても保証人には影響がありませんので、債権者は保証人に請求することになります。
ですから、保証人がいる場合は事前に保証人に事情を説明して、場合によっては保証人を含めて任意整理をする必要があります。
住宅ローンを任意整理することはできますか?
住宅ローンを任意整理しようとしても担保権者である金融機関が抵当権を実行してしまう恐れがありますので住宅を残したまま任意整理をするのは困難といえます。
ただし、金融機関によっては住宅ローンの返済額や返済期間を見直してくれる場合もあるので全く可能性がないわけではありません。 なお、個人再生手続には住宅ローン特則というものがありますのでそちらを検討してみるのがいいでしょう。また、債権者から不動産を担保に取られている場合(住宅ローンを除く)も、不動産を処分されるのが原則です。
どのような場合に民事再生を選んだほうが良いのですか?
任意整理ができないほど借金が残った状況で、自己破産によるデメリットを受けたくない場合が典型的です。
具体的には、処分されたくない財産がある場合や資格制限を受ける職業に就いている場合などです。
ギャンブルが理由での借金があるのですが?
民事再生では自己破産の場合とは違い、借金の原因が問われることはありません。
民事再生の手続きを進めることに支障はありません。
家族や知人に知られずに手続を進めることができますか?
知られたくない家族等が保証人になっていなければ可能です。
ただし、同居家族がいる場合等、裁判所に提出する書類の関係で家族のご協力が必要な場合があります。また、官報広告がなされる事にも注意が必要です。
アルバイトですが個人再生できますか?
収入が安定していることが条件になりますので,アルバイトでもその条件を満たせれば個人再生はできます。
条件を満たすためにはアルバイトでも数年継続しているなどが必要でしょう。
完済してしまった借金の過払い金も返還請求できますか?
払わなくてもよいお金を支払ったという不当利得返還請求として過払請求は10年前までさかのぼって請求することができます。
過去の借金でも過払い金返還をあきらめずに返還請求できます。
問い合わせ