港区虎ノ門の債務整理の相談なら弁護士横山法律事務所へ
HOME>借金解決の方法

特定調停

特定調停とは

特定調停とは 特定調停とは、借金整理・借金返済をしたい人と消費者金融等の債権者との間に裁判所が入って、借金減額と新しい借金返済プランを決める制度です。特定調停では、調停委員が借金整理・借金返済を申し出た人の代わりに、債権者と話し合いを代弁してくれます。

借金整理・借金返済をしたい人の心理的な負担軽減にもつながります。特定調停では、利息制限法を越えて支払った分については元金に充当します。その減額された元金に対して利息をカットして額を返済していきますので、返済額が利息に消えていくことがなく、確実に元金が減っていく仕組みになっています。

手続きの流れ

1.お申込み・受任 お電話・お問い合わせフォームなどからご連絡下さい。


2.特定調停を簡易裁判所に申立特定調停は、債権者の所在地を管轄する簡易裁判所に申立を行います。

3.簡易裁判所が調停委員を選任する特定調停を申し立てた簡易裁判所が調停委員を選任します。

4.簡易裁判所から「調停期日呼出状」が届きます。特定調停を行う期日の決まったことを知らせる通知が特定調停を申し立てた本人へ届きます。
特定調停期日通知は、特定調停日の1ヶ月から2ヶ月前に手元に届きます。

5.第1回の特定調停特定調停の1回目は、調停委員と特定調停を申し立てた本人だけで行われます。
借金理由・特定調停に至った理由を確認し、借金返済計画を相談・借金返済プランを検討します。

6. 第2回の特定調停特定調停の2回目の話し合いでは、特定調停申立人と債権者も呼び出されています。 特定調停の申立人とは返済計画を確認します。
一方、特定調停の相手方、債権者とは返済計画の提示と話し合いを行います。

7.調停成立、もしくは裁判所による17条決定特定調停の期日に債権者が出頭しない場合は、民事調停法17条による決定が出されます。

8.調停調書の送付特定調停が成立すると、簡易裁判所から調停調書が届きます。
調停調書は、特定調停が終了したこと、特定調停で決定した今後の返済内容が記されています。
調停調書は、「債務名義」となります。万が一、調停調書通りの返済ができなかった場合、調停調書に基づいて強制執行ができます。
特定調停の後は、くれぐれも返済が滞らないよう注意が必要です。

9.特定調停に基づいた返済開始特定調停の話し合い結果に基づいた、借金返済が始まります。

 
メリット、デメリット
問い合わせ