港区虎ノ門の債務整理の相談なら弁護士横山法律事務所へ
HOME>借金解決の方法

任意整理

任意整理とは

任意整理とは 毎月一定の金額を返しても、利息が高い時は、ほとんど利息に充当されてしまい、元金がなかなか減っていきません。そこで、そのような状態を抜け出すには、利息を失くしてもらうという事が必要となります。そうすればあとは元金だけの返済となりますので、借金を返せば確実に元金が減っていき完済することができるのです。

このように、今後の返済について利息をカットしてもらうという手続きを裁判所などの公的機関を用いることなく、債務者と債権者が私的に返済条件、つまり利息や損害額、毎月の返済額を減免してもらい、今ある負債額を圧縮する方法をさします。

サラ金業者は債務者本人が任意整理の交渉をしようとしても応じてくれないのがほとんどですし、サラ金業者は相当に厳しい交渉相手ですから、自分の知識だけや 一人ではどうにかしようとは思わないないで下さい。必ず弁護士に相談することをおすすめします。

手続きの流れ

1.お申込み・受任
お電話・お問い合わせフォームなどからご連絡下さい。
借り入れ金額や、返済期間などをお聞きした上で、受任手続きを行っていただきます。
※受任手続き後に取り立てがストップします。

2.債権者への受任通知・取り立ての停止
債務整理手続きを行うということを、債権者に通知します。それと同時に、最初に借り入れをした時からの明細を開示するよう、業者に請求します。
なお、この受任通知が業者のもとに届いた時点で、業者からご本人への督促や取立てを行うことが禁止されることになります。

3.過払い額の計算
金融業者からの開示情報をもとに、利息制限法に基く利率に引き直します。
これにより、いくら過払いがあったか、残り返済しなければならない金額はいくらかといった金額を確定させます。
※過払い金が残り借金額より多い場合、過払い金が戻ります。

4.和解交渉
利息制限法で引き直し計算を行った結果、確定した残高を今後どのように返済していくかについて、弁護士と業者が話し合いを行います。

5.和解成立(和解書の取り交わし)
和解案に合意した旨を記した和解書を取り交わし、和解成立となります。

6.返済開始
和解書に記された返済計画に基き、返済を行っていただきます。

通常、3年~5年で分割をし、月々支払いとなります。

 
メリット、デメリット
問い合わせ